検索
  • BI

ダイエットのためのピラティス④〜筋肉を増やすためのピラティス(後編)〜

前回、筋肉を増やすための運動刺激として、重さの抵抗などによる「メカニカルストレス」と、きつくなるまで行う「代謝ストレス」が必要とお話しました。

今回は、筋肉を増やすためのピラティスの具体例を挙げていきます!

Chapter.4 筋肉を増やすためのピラティス(後編)

まず、「メカニカルストレス」。

例えば、効率よく腹筋をつけたい場合に「アブ・プレップ」は良いエクササイズですが、脚の重みによる負荷が大きい「リフト&ローワー」や「ダブルレッグストレッチ」がより効果的となります。

足の間に、フィットネスサークルやボールなど重りになるものを挟むと、さらに腹筋に大きなストレス刺激を加えることができます!



次に、「代謝ストレス」。

これは、エンデュランス(耐久性)のあるエクササイズプログラムを組むと良いでしょう!

例えば、「シングルレッグストレッチ」や「オブリークス(クリスクロス)」など、エクササイズを繋げて連続で行ったり、回数を増やしたりすると良いでしょう。

また、「ハンドレッド」も良いエクササイズですね。


このように、筋肉を増やすためのピラティスを行なって筋肉量を増やし、体脂肪率を落としてダイエットを成功させましょう!