検索
  • BI

ダイエットのためのピラティス⑥〜呼吸を深めて代謝アップ!〜


ピラティスでは、呼吸を深めながらさまざまなエクササイズにチャレンジします。


呼吸をするときは、横隔膜(おうかくまく)が上下に動いています

横隔膜が上に上がると、肺は押し出されしぼみ、息を吐くことができます。

横隔膜が下に下がると、肺は下に引っ張られて拡がり、息を吸うことができます。

横隔膜が大きく上下できた方が肺の中の空気が入れ替わり、たくさんの新鮮な空気を取り込むことができ、体内に多くの酸素を送ることができます。


体脂肪を燃焼させてエネルギーに変えるには酸素が必要なので、呼吸を深めることは代謝の良いやせやすい体質へつながります。


息を吸うときに、鼻から息を吸うと吸い込む力が強くなり、肺の下の方まで空気を送ることができます。

肺の下部は容積が大きく、毛細血管も多いため多くの酸素を取り込むことができます!


ピラティスでは、鼻からたっぷりと息を吸い、口からたくさんの息を吐き出すことを意識しますので、体脂肪燃焼に必要な酸素を多く取り込むことができ、代謝を上げてダイエットしやすい体質にすることができるのです。